Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

エンジニアとして世界へ参加することが夢とか悲願ってなにそれ?「普通だぞ」とだけ言いたい

これはエンジニアに限った話ではない。それがスポーツであれ芸術であれ誰かが「世界」へ参加することを悲願や夢、冒険に置き換えて表現する言説がある。そういう発想は閉鎖的で不利益だし、そもそもそんな昭和みたいな根性論とそれを堂々と語る人たちは無視するに限る、という話。

私が初めて家族と共に海外に出ようと計画した際に精神論や根性論をかざす人によく出くわした。「しっかりしろよ。家族も居るのにそんなテキトーな考え方じゃダメだろ」「本気でやりきる心構えができてるのか?」とかだ。きっと彼らは私のことを思ってのアドバイスだったのだろうが、今にして思うと「なんの役にも立たなかったな」というのが正直な気持ちだ。またそういうアドバイスはウェブ上でも少なからず目にする。

「**という国に行った時にこんな大変なことがあったのアタシ。でもそこは持ち前のポジティブ思考で乗り切りました!海外に出るにはこの思考が大切。ポジティブ。ポジティブぅううー!」みたいな記事だ。

これらの情報からは海外移住において一体何が必要なのかよく読み取れないし、「ポジティブ思考じゃなきゃダメなのかよ?」と不安をあおるだけだ。はじめて海外に出ようとする際にはどうしても情報の非対称性が出てしまう。日本にはあまり海外移住の生情報にアクセスする手段が無く、また海外から発信という名目で玉石混交で拡散された情報を手に取ってしまう。そうすると初の海外移住に対する不安と情報の少なさから、普段だったらそんなに騙されない人もそういう根性論を真に受けてしまいがちになる。

私は幸運にも海外移住してエンジニアとして働き出した際に周りの多国籍な同僚が揃いも揃って海外移住経験が豊富な人たちとなった。私にしても日本→シンガポール→ドイツのベルリン、という移住経験を持っているのだが、世界各国から集まった多国籍な同僚達の経験はそれ以上だ。何度も海を超えて国境を超えて自分に合ういい国と職場を転々としているスタイルを誰もが実践していた。

そんな多国籍エンジニア達を見ていて「みんな根性があるなー」とはまったく思わない。はっきり言って普通の人たちだ。何も特別なことはないし、彼らの発言からも「海外移住には精神力が必要だぁー」なんて聞いたこともない。

そんな彼らの態度は現代のITエンジニアにとって世界の都市を移動して好きな会社で好きなプロジェクトを自ら選び、人生を設計することは「普通のこと」であって、それを支えるのは根性とか気持ちとか精神ではなく、ただひたすらに「技術と語学」であることを私に示し続けた。
彼らが私に「おいおい聞けよ。これから大事なのは技術と語学であってだな」なんて説教臭いことをしてくる訳がない。言ってることなんて「どこどこの国の女の子がやたらセクシーだ」とか「どこの飯がうまい」とかそんなレベルだ。
それでも彼らの国境を気にしない態度と発言とそこから読み取れる人生哲学が今まで感じたことの無い「開放感」を感じさせてくれた。

エンジニアの海外転職になるとやれアメリカの年収中央値は年収1200万だとか、ヨーロッパでは残業無しでワークライフバランスが、と語られることが多い。もちろんそういったメリットもあるのだが、それだけではなくこの「開放感」というのはお金には変えられない価値を感じている。

この開放感はどんなに偉い人に「これからのグローバル時代においてぇええー!」と語られても感じることなんてできない。
国境を超えることが自然になった人たちの輪の中でリラックスしていろんな国の事情を話した時に感じられるのだ。だいたい誰も自分自身が特別なことをしているなんて思ってもいない。ただ人生を楽しんでいるだけだ。そういう国境という概念や極端な会社の帰属意識の無いところに「なんか気に入ったから集まった人たちの集団」だった。そんな国籍も髪の色、肌の色、母国語もなにもかもが異なるエンジニア集団の共通点は「技術」を持っていることと英語をはじめとする「語学力」があること。それだけ。

私はなにも誰でも海外移住できるよ、なんて気楽なことを言うつもりはない。キーになるのは「技術と語学」であって現状によっては取得が難しいこともあるだろう。だいたいどちらの要素もこれで十分なんて終わりはない。技術は日々更新されてエンジニアである以上はキャッチアップしなければならないし、語学にしてもどんなに達者になっても終わりはない。

ただそこでやみくもに精神論を語るよりもこうして「海外移住を目指しているのですね?だったら必要なのはA、B、Cです。そのためにはまずAを。。。」といったアプローチ方法でなければ目指すべきゴールに近づかないのだ。もっともらしく根性論を語る人は実は有用な情報を提供できるだけのモノが何も無いから、場当たり的な精神論に始終してしまうのだろう。そういうのは放っとけばいい。

特に海外移住においては具体的で有用な情報を選別して取得することをおすすめする。このブログの結論はいつも同じだが、エンジニアの海外移住でキーになるのは「技術と語学」。この2つがあればなんとでもなる。この2つが無ければなんともならない。
そしてこれらは根性論を語る人が言うほど難しくはないはずだ。

「技術と語学」にどれぐらいのレベルの取得が望ましいかとか、ビザを得る方法は本ブログの他記事をご参照ください。

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com


ベルリンの職場近くを散歩してその映像を貼り付けてみた

ベルリンの職場近くを散歩してその映像を貼り付けてみた。「どういう意図でそれやってんの?」と聞かれても明確な答えは無い。ただなんとなくやってみただけ。ブログに張り付いたGIF動画ってなんか面白いし。

f:id:tango_ruby:20170317202049g:plain

f:id:tango_ruby:20170317202226g:plain

f:id:tango_ruby:20170317203055g:plain

どこの都市でも仕事の休憩時間に外を散歩するのが好きだ。

ベルリンはヨーロッパだが、いかにも「ヨーロッパですのヨ」みたいなのばかりではなく、そこに雑多にいろいろ混ざった街の雰囲気が好きだ。それと街を歩いてると男も女もカッコいい人が多い気がする。

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

国際経験がやたら豊富なITエンジニア達だが反グローバル化に対する感想はそっけないものだった

現在の勤め先であるベルリンのITスタートアップの同僚のITエンジニア達は揃いも揃ってとても国際経験が豊かだ。そんな連中と昨今の反グローバル化に対する意見を聞いても驚くほどにそっけなかったが、自分も似たような意見しか持ってないな、という話。

私の経歴とざっと言ってしまうとこうなる。日本で社畜→シンガポールに移住して5年ほどITスタートアップ界隈を回る→ドイツに移住してベルリンのITスタートアップで働くにいたる。

現在のエンジニアチームのメンバーはイタリア人、ロシア人、ルーマニア人、ポーランド人、スペイン人、インド人、日本人(私)と国籍はそれぞれ。そんなチーム内で前述の私の国際移住してきた都市の数、移動の距離、がこの6人の中で最も経験値が乏しい部類に入ってしまう。つまり他の同僚達は私よりも国際移住経験が豊富だ。例えば同僚ルーマニア人エンジニアのKはルーマニアの片田舎で生まれ→アメリカのフロリダ→韓国→ニューヨーク→ドイツのベルリン、という移住歴。インド人エンジニアのYはインドで生まれ→サンフランシスコ→シンガポール→ベルリンという経歴。

「日本→シンガポール→ドイツ」という自身の経験に対してまーまー国際経験としては豊富に持っているつもり、だったが、チームメンバーの話を聞くうちに「アタシってまだまだだわ」というか、いたって普通であることが判明した。ベルリンは国際的な街でITスタートアップはさらに国際的とは聞くが、ベルリンの全てのITスタートアップがこんな感じかどうかは知らない。ただ転職する際に私ができるだけ多国籍なチームを狙って入社したことや他の同僚もそういう国際性に惹かれて入社してきていること、類は友を呼ぶ現象、などいろいろ理由はあるだろうがとにかくそういう状況だ。

そういう人たちだから移住する際の労働許可や移住許可、ビザに関することに当然のように詳しい。本やウェブで読んだとかの中途半端なレベルではなく実際に移住して得た生の情報だから、やたらと詳しい。ちょっとした会話でも「**の都市の情勢はそうなのか」と、とても参考になる情報が手に入る。

なので昨今に世界中に吹き荒れる反グローバル化の流れに敏感なのかな、と思っていた。

反グローバル化というのはカンタンに言えば「オレ様の取り分は外国人には渡さないぞ」という考え方だ。例えばアメリカ人として生まれたからにはその恩栄を俺たちアメリカ人のものにしよう。外国から安い給与の労働者であれ高い給与の労働者であれ奪われるのはおかしい、と。ここではアメリカ人としたがそこをフランス人やドイツ人と換えても一緒。それに悪いとかいいとかは無い。誰でも同じ立場だったなら、そういう考え方の政党に投票してたかもしれない。

どんな国であれITエンジニアとしてそれなりの給料を地元の人を差し置いてもらう立場というのは反グローバル化をかかげる人達の攻撃対象にもなる。現チームの多国籍エンジニアにとって最も気になるトピックでもあるはずだ。

そこで「もうすぐオランダでもドイツでも選挙だよね。反グローバル化の流れはどうなんのかな?」と話題をふってみた。
同僚達の発言
「オレって選挙権無いしなー」
「アメリカの就労ビザ取得はちょっとキビしくなるかもな。しかしあれだぜ、アメリカの人のことは大好きだよ。ノリが最高だよ。フロリダは最高だったよ。ただ飯のまずさは尋常じゃないけどな」
「おいおい、どこに移住しても飯は重要だぞ。どんなに人がよくても飯がまずいと機嫌がわるくなる」
「そういう意味では韓国の飯はヨーロッパと全然違って別世界だったよ。」

という感じで政治やグローバル化の話がいつも脱線してしまう。反グローバル化の話題は何度も出ているが、結論はいつも飯がどうとか、街の女性のルックスがどうとかになる。つまり誰も反グローバル化の流れに真剣にどうこうしようとか思っていない。

同僚のエンジニアが言ってたことが決定的だった

「確かに今は反グローバルをかかげる政治家がちょっと人気を得てるけど、政治家の人気と世の中の動きはまた別。市場のグローバル化の流れが止まる訳ないよ。オレの田舎町でもちょっと頭が冴えてる学生はみんなコーディングとかで自分の技術を磨いてるしな。だからエンジニアとして俺たちがやるべきことって技術を磨くことであって変わらないよね」と。

そうなのだ。自分の技術磨いて英語しゃべって好きな都市に移動して楽しく暮らすこと。ただそれだけ。国際経験がやたら豊富な者同士での会話だからいちいち細かい説明無しに少ない言葉数でも言ってることがすっと共有できる。

どこでも移住しようと思えばできる多国籍エンジニア達にとって政治がどうこうというよりも大事なのは、その国の住環境や飯、どれぐらい充実した人生が過ごせそうかという生活に即した情報の方なのだ。

日本の高架下の居酒屋で「今の反グローバル化の流れはだねー」とどっかの記事で読んだ内容をそのままコピーした講釈をたれているオッサンが居たとする。しかしそんな講釈オッサンのグローバル化に対する生活の影響は多国籍エンジニア達ほどには大きくないはずだ。それでも政治的な講釈をたれるのはだいたい地元に密着したオッサン達で、国際間を飛び回るエンジニア達はそんな話をすっとばしてどこかの国々の飯の比較を真剣に話している。

国際間を自由に移動できる人たちが地元密着な人には無い特別ななにか、例えば莫大な資産とかを持っている訳ではない。ただあるのは英語と技術。このブログの結論はいつもこうなのだが、大事なのは政治家の演説よりもなによりも「英語と技術」。人柄も個性も母国語も髪の色、肌の色、なにもかもが違いそうに見える多国籍エンジニア達の唯一の共通項はいつも「英語と技術」。

国際経験豊富な人たちが気にしているのは政治家の演説ではなく、そんな個人にとっての基本事項でした、という話。


tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com