ベルリンのITスタートアップで働くジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと流れ着いたソフトウェアエンジニアのブログ

rbenvのリストが最新に更新されない場合の対処法

Ruby 2.2.2がリリース(2015年の4月)されて、古いバージョンのRubyをバージョンアップする時の極めて地味な問題。

リストに最新版が出ない場合。

$ rbenv install --list
Available versions:
1.8.6-p383
1.8.6-p420
1.8.7-p249
 :
 :
2.2.1
 :

なんで2.2.2がずっと出てこないんだよー、とか。

一般的な対処法としてはruby-buildをアップグレードしたらOkですよ、と。
で、以下のようなコマンドをうつ。

$ brew upgrade ruby-build

もしくはHEADを指定して、

$ brew upgrade ruby-build --HEAD

とすれば解決した、って記事があるけど。
なぜか私は解決しなかった。リストには一向に最新版が現れず。

で仕方なくやったことはruby-buildのフォルダに行ってgit pull

$ cd ~/.rbenv/plugins/
$ git pull

これでダーっと最新版が入って2.2.2が出てくる。

なんでbrew upgradeが効かないのかは謎のまま。。。