ベルリンのITスタートアップで働くジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと流れ着いたソフトウェアエンジニアのブログ

すごいブログとは決別することにした

ホントすごいブログ記事を書く人がいる。例えばこれとか
coding-geek.com

もうその調子で電子書籍にしたら?って思うようなブログ。きっとこれらの記事はひとつ書くのにも相当な時間をかけているはず。基本的にはこのような技術的内容を系統立てて書き記して、また独自の視点で意見でも書けばそれはエンジニア全体の財産となって有効活用されるだろう。まさにブログとはこういうのを目指すべき、と言ってることには賛成する。

ただ、ワタシには無理。

このブログにしたってざーっと書いてアップしているだけだ。詳しく調べて学術的にも有用な記事はほとんどない。

それでも「ざーっと書いただけのブログは意味が無い」とは言わせないようにしたい。
で考えたのだが、私にしか書けない内容をざーっと書く、と決めた。すごい技術を丹念に調べた記事は書かないが、その代わりシンガポールのスタートアップで社内唯一の日本人としてエンジニアをしていなければ絶対に書けない記事を書くことにしよう、と思った。

と思った。