Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

シンガポール名物のラクサを家で楽しむ方法。めずらしくも旨いラーメン、ラクサは仕事の生産性を3倍にする(かも)

ラクサというシンガポール名物のラーメンをご存知だろうか。ココナツミルクをベースにした辛いスープでできたラーメンだ。日本に居た時には決して食べれない種類のラーメンだった。だが、ついに日本でも手軽に食べる方法を発見してしまったのでここに書く。
f:id:tango_ruby:20160103002422j:plain:w320
私は日本に居る時にある程度のラーメン有名店はまわったし、美味しいラーメンとはどういうものかは人並みに知っていると思っていた。日本に居る時は。

ここで言う「美味しいラーメン」にはある程度の領域があると思う。コッテリであろうとあっさりであろうと、スープがなんであろうと、おおよそラーメンと定義された料理には「スープがあって麺があって味は。。。」という感じだ。

初めてラクサと食べた時にはその私の中での「ラーメンの定義」をまったく超えてしまっていたので驚いた。今まで食べたどのラーメンとも違うのだ。まずココナツミルクをベースにして、さらにちょっとスープが赤みががっているほど辛いのだ。これでどんな味かご想像いただけるだろうか。私は食べてみるまでまったく想像つかなかった。食べてから「あーなるほど、こうするとココナツの香りと辛さが重なって旨いんだ」と理解できた。

たまに奇をてらったラーメンに挑戦する店があるが、どういうのはだいたい店長の冒険心だけで味に関しては「?」というのが多い。

ラクサにそれはない。なによりラクサには東南アジアで培った伝統があるのだ。長い間、人々に愛され続けた料理はそこらのラーメン店長が実験的につくったのとは訳が違う。

そして日本ではほとんどお目にかからない、珍しくも美味しいラーメンなのだ。

で、食べるにはぜひシンガポールまで来ていただいて食べて欲しいのだが、そこまでするヒマがない方にオススメなのがこれ。

プリマ・テイスト ラクサラーメン 185g

プリマ・テイスト ラクサラーメン 185g


実はこれ以外にもラクサなるインスタントラーメンを試したがほとんどは、一応ラクサ風のを作りました、という程度だった。本物とは違うのだ。

でもこのプリマテのラクサは店で食べるのととても近い。シンガポール在住の人間がオススメするのだから間違いない。もっとも本場のラクサを体現しているのがこれ。

エンジニアの方は仕事の合間の息抜きなんかでラーメンを食べる時、あえてこのようなめずらしくも旨いラーメンを試してみればエンジニアリング頭も冴え渡るのでないだろうか?