ベルリンのITスタートアップで働くジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと流れ着いたソフトウェアエンジニアのブログ

 個人開発ウェブアプリのご意見を募集してネット文化の素晴らしさを再認識した

先日、個人開発して公開したウェブアプリの率直な感想を募集したら、とても親切かつ有用なコメントをいただいて「ネット文化はなんて素晴らしいんだ」と無邪気に感動してしまった。

ネット上には罵詈雑言が溢れている、などと言われるが、そんな人ばかりが大多数を占める訳ではない。ほとんどの人は真面目に生きていて、やたらめったら攻撃的な訳が無い。

意見を募集した際にいくつかはバカだのアホだの言われるんだろーな、と思っていた。すみません。すさんでいたのは私の心だけだった。今日までで60通以上のご意見をいただいて、その全てがとても親切で有用なご意見だった。無断な罵りはひとつも無い。中には文字説明では足りないので、と画像まで付けてご説明いただいた方が居て、その心意気にちょっと感動してしまった。

みなさん、本当にありがとうございます。

いただいた感想を元に今いろいろと変えているところ。既に5つほどの機能とページを追加したけど、どこをどう変えたとか、どんなコメントをいただいたとかはまた別記事にまとめる。ここではただ単にありがとうございました、と。

それとこれから個人開発を始める方がいて、どうしていいのか分からなくなった際にはユーザーの皆さんから意見いただくのはいい方法だと思う。だいたいそのシステムの作者で隅から隅までそのシステムのコード書いた人ってのは分かり過ぎてて分かってない。

正直に言えばシステムのデータベース構成から変数の型まで知っている私からすれば、今日初めてサイトにアクセスしたユーザーに「一体これはナニをするサイトなのか分からない」なんて言われる、とは思いもしなかった。エンジニアなんて「オレはこのシステムの全てを知っている」なんて偉そうにしてても、所詮はそんなモンなんですよ。

正直少し前までは「こんなシステムで巨大な知識のノードグラフなんてできないわ」とヘコみ気味だったが、みなさんのコメントを読んで再度やる気がみなぎってきた。素晴らしいネット文化と集合知をちゃんとしたシステムを使って結集すればできるはずだ。ポイントはそのちゃんとしたシステムになるまで改善を続けられるかどうか。

もっとデカいノードグラフができたら、どんなのになるのか見てみたいし、誰かの役にも立ちそうなのでもうちょっとがんばります。

tango-ruby.hatenablog.com
tango-ruby.hatenablog.com
tango-ruby.hatenablog.com
tango-ruby.hatenablog.com