ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

最後まで仕上げられない病

最後まで仕上げられない病というのに侵されいる。原因は単に怠惰である、ということであって別に今になってはじまった病状ではなく昔からだ。
しかし最近は特にひどい。仕事はともかくとして、その他のことが本当にひどい。

  • 途中まで書いて下書き保存したままの書きかけブログ記事 約40本
  • 途中までコード書いて公開にいたらず飽きて放置気味の個人プロジェクト 3つ
  • 途中までコード書いて公開してないRuby gem2つ

「エンジニアはアウトプットが大切」「最後の10%が最もつらいところ。そこを乗り越えなければプロではない」これらのアドバイスはいやというほど聞いてきた。でもそういう正論は怠惰な心に響かない。

とにかく怠惰で最後まで仕上げられない。
40本もあるブログの下書きもあともう少しだけ文章を整えて公開すれば、それなりの考察があって、いい記事になりそうなのになーとは思う。
きっとすごい実績のあるエンジニアとかはこういう最後の詰めの部分まできっちりとやってきて、そういう積み重ねの結果がすごいエンジニアになっているのだろう。

仕事のように締め切りとか、チーム単位でやるプロジェクトのように「やらなければ他人に影響が及ぶ」というのな切迫感が必要なのだろうか?

いやいやそんなことすると「誰にやれと言われたわけでもなくやってること」とは違ってしまい、全体の質が異なっていくだろう。
ブログというのは誰が読むのか知らんが、誰に言われた訳でもないが、なんか書いて公開してしまった、ぐらいがちょうどいい。

ということでこんな駄文でも書かないよりはマシと思って、40本ある下書きを置いておいてまたしょうもないことを書いて公開することにした。
最後まで仕上げられない病は治さないとなー。
どなたか最後まで仕上げられない病の特効薬でもご存知でしたら、ぜひ教えてください。

やり抜く力

やり抜く力

Grit: The Power of Passion and Perseverance

Grit: The Power of Passion and Perseverance

最後までやりきる力

最後までやりきる力

  • 作者: スティーブ・レビンソン,クリス・クーパー
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/03/02
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る