Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

【パズル2】ほとんどのエンジニアには解けるが、下位20%のダメなエンジニアにだけ解けないパズル?

前回に続き、Webエンジニア向けのパズルを作った。プログラム言語を問わず、フロントエンド、バックエンド、iOS、Android、どんな技術を担当しているエンジニアであっても誰でも解けるパズルだ。 サイトにアクセスするとHack Me If You Can(ハックできるもん…

『下位10%のダメなエンジニアにだけ解けないパズル?』がバズったのでパズルを定期的に作り続けることにした

幸運にもなにげに作って公開したWebエンジニア用のパズルがバズった。これを「バズった」というか「炎上」というのかはさておき、わずか数百のアクセスしかないブログを運営していただけの身に突然に1日10万アクセスが来た。あれだけたくさんの優秀なエン…

エンジニアとしての仕事観を揺さぶられる本『サッカー データ革命』

本書を読んで、エンジニアとしての仕事観を大いに揺さぶられた。もちろんいい意味で。 内容はサッカーにビッグデータの分析を持ち込んで活躍するデータサイエンティスト達の成果とその手法だ。サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか作者: クリス・ア…

『ほとんどのエンジニアには解けるが、下位10%のダメなエンジニアにだけ解けないパズル?』の結果報告

先日『ほとんどのエンジニアには解けるが、下位10%のダメなエンジニアにだけ解けないパズル?』なるものを作って、しばらく様子を見ていたら想像以上にパズルを解いてコメントいただけたのでその結果報告をする。内容は黒い画面にPlease call my APIs.(私の…

AWS EC2の鍵(キーペア)(秘密鍵)をなくしたら

このところ立て続けに「おい、助けてくれ。AWSの秘密鍵を無くした。ログインできねー」と言われて、対処することになった。で、その対処法を書いておく。小さなスタートアップなので、1つのインスタンスに対してアクセスするエンジニアは社内にひとりだけ、…

【パズル1】ほとんどのエンジニアには解けるが、下位10%のダメなエンジニアにだけ解けないパズル?

半年ほど前にソフトウェアエンジニア向けの求人募集ページに簡単なプログラミング系のパズルを出して、それが解けた人だけ応募できる仕組みにしよう、という話になった。その時期は求人を拡大募集していたのだが、あまりにハズレな人が多かった。私もいくつ…

案ずるより産むが易しのAWSのインスタンスタイプ変更

前からAWSのRDSのInstance Classが古い型のを使っていることが気になっていた。最新のに変えれば料金は安くなって、しかも性能が向上するので「スグにでもやるべき」だったのに放置していた。理由はほどんどのインフラを担当しているエンジニアさんならご理…

『エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢(著:竜盛博 )』書評

もし海外でエンジニアとして働くことのメリットとデメリットを本当に知りたかったら「こんなブログを読むよりもアマゾンのKindleに本書をダウンロードして読めば、それで十分だろ」と思った。エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ?渡米・面接・転職・…

他人のコード読むのが好きじゃない私だが、いくつかのRailsのコードだけはよく読んで参考にしている

他人の書いたコード読むのがあまり好きじゃない私だが、いくつかのRailsプロジェクトのコードだけは自分のフォルダにクローンしてよく読んで参考にしている。「この世でもっとも理想的なRailsプロジェクトのソースコードってどんなのだ?」「どこかにそうい…

海外の技術職への転職の際に英語で行われる技術面談対策はこのサイトでやっておいて損はない

英語圏のエンジニア職に転職しようとする際に避けては通れないのが技術面談。何度かこのブログでも紹介しているが、もし海外のエンジニア職への挑戦をお考えの方が居ればこれは十分に対策をとっておいた方がいい。きっと思っているよりも実際にやるとその難…

仕事で一生コード書いててもいい。ただし日本以外に限る

日本以外でならコードを書く仕事をずっと続けていたいと考えている。ソフトウェアエンジニアという職に対する待遇と状況が日本と英語圏ではまったく異なるというのが大きい。元からコードを書くことが好きでオモロイと思っているのがあるが、そんな私でも、…

世界のエンジニアの状況を示すスタックオーバーフローの調査結果は驚きの連続だった

元ネタはこれstackoverflow.comご存知スタックオーバーフローが全世界のエンジニアの状況をアンケート調査した結果。対象はもちろん全世界。 結果は想定通りのものと「え?そうなの?」と予想を裏切るものがあった。こういうのは自分の肌感覚より精密なデー…

海外転職の際の技術面談にある意外な落とし穴とそれを突破するコツ

海外の会社にエンジニアとして転職する際には必ず技術系質問を何時間も受ける面談がある。そうした技術面談の際には意外な落とし穴がある。(ただしネイティブとまったく同レベルで英語ができる人は別)その落とし穴とは 技術質問を英語で聞かれて英語で答え…

英語とプログラミングが勉強できる動画集

YouTubeには英語でプログラミングを解説する動画が山ほどある。これらは英語のリスニングの勉強と同時にプログラミング知識も身につくので重宝している。私は常に50本近くのこれらのビデオファイルをiPhoneの中に入れておき、ちょっとしたすきま時間に視聴…

英語圏のエンジニアにとって大企業とスタートアップの区別は無い

職場の同僚のお別れパーティーがあって、その同僚の次の転職先がロンドンのグーグルだった。いわゆる社員15人以下の誰も知らないスタートアップ企業から誰でも知っている世界企業に転職していく訳だが、ここではそんなに珍しい話ではない。 基本的に英語圏…

海外だからなんとかなってるが私の日本のサラリーマンとしてのスペックは終わってる

正直、日本だったら終わってたな。理由はだいたい3つ 年齢 転職回数 仕事のスタイル もう結構な年齢のいいオッサンだ。日本だったら若い人達に「アラフォーなのにおっさんがコード書いてるけど、アレ大丈夫かよ?」とか言われてそう。 シンガポールではまっ…

Rubyのリファクタリング:「聞くな、言え」の法則

元ネタはこちら。 Tell, Don't Askキャッチフレーズから非常に分かりやすい。 Tell, Don't Ask 言え!、聞くな理想的なオブジェクト指向設計においてはオブジェクトに対してただやって欲しいことを「言う」だけ。 こちらでどうればいいのか聞いたり、判断し…

エンジニアはプログラムエディタとその設定にトコトン気を使うべし

タイピングの速さとコーディングの速さはしっかり相関関係がある、という話。人種国籍問わず、エンジニアでもたまーにエディタ愛が乏しい人がいる。基本的にエディタ愛が強いのはVimとEmacs ユーザーが多いが、ここではどんなエディタであってもいいし、とに…

Vimのスペルチェックのハイライトを止めて下線だけにする方法

Vimのスペルチェックは便利だけど、ハイライトがまっかっ赤になっていて「そこまで目立つように『スペル間違ってますよ!』って主張しなくてもいいだろ」という場合の対処方法。.vimrcに hi clear SpellBad hi SpellBad cterm=underlineとすれば下線だけで地…

Vim、Emacs、SublimeTextなどのプログラミングエディタの選択基準

エディタ戦争と言われるぐらいに、人それぞれがエディタに関しては意見があるのは分かる。特にソフトウェアエンジニアにとってエディタは生産性に直結する重要なツールだ。しっかり吟味して選択すべき、となっている。しかし私はあえてその選択基準をもっと…

オブジェクト指向設計を実現するためのドMなコーディングルール

ちょっと古いブログだけど、オブジェクト指向設計を誰でもカンタンに実現するための4ルールを見つけた。 Sandi Metz' Rules For Developersブログ記事は「Practical Object-Oriented Design in Ruby」の著者が提唱しているコーディングルールをthoughtbot社…

Deviseの認証メールをカスタマイズする方法

Deviseの認証メールをカスタマイズする方法がググっても日本語ではあまり出てこないので書いた。Deviseをconfirmableにした場合、デフォルトだととても簡素なメールでの認証になってしまう。 ユーザーにとってはただの1回だけの認証メールで「リンクを押せ…

rbenvのリストが最新に更新されない場合の対処法

Ruby 2.2.2がリリース(2015年の4月)されて、古いバージョンのRubyをバージョンアップする時の極めて地味な問題。リストに最新版が出ない場合。 $ rbenv install --list Available versions: 1.8.6-p383 1.8.6-p420 1.8.7-p249 : : 2.2.1 :なんで2.2.2がず…

「アルゴリズム論なんて知らなくてもコードは書ける」はその通り。だけどそれ落とし穴ですよ、と

オフィスにこの本が置いてあって、読んだ。正直言って、英語が妙に難しいし完全には理解できていないが、それでもためになること多し。中途半端な最新技術の本を読むことに時間を割くぐらいなら、このようなアルゴリズムとか基礎技術を身につけた方が後々に…

やっぱブログはコツコツ書いた方がいいわとrailsでリロードしないとJavaScriptが挙動しない問題で思った

後から考えればしょーもないことでもその問題にハマっている時は「この状況を助けだしてくれるモノなら藁でも掴むわ!」となっている。で、それがコーディングに関する問題になると往々にして救い出してくれるのはどこかのエンジニアが書いた、小さなブログ…

海外の高給ITエンジニア求人を英語で読んでみれば明らかなこと

昔、日本のIT会社で働いていた頃に客であるNTTという大きな日本の会社様にお勤めのバーコード部長かナニか知らんが偉い人がエクセルで作った要件定義書をプリントしたのをバンバン手で叩いて私の所属していたチーム全員に激昂していた。長い話だなーと思って…

エンジニアが海外で生き残るには流行りモノより基礎技術

職場の同僚エンジニアAに対して抱いた思いは「コイツよく分かってるなー」だった。Aはその分野ではもちろん重宝されている人材。今はシンガポールで暮らしているが、持ち前の技術力で世界の気に入った国を見つけてそこでエンジニアとして働いて、国々を移り…

chefとvagrant のインストール方法ってマチマチだが、正攻法でやった方がいいと断言する

まずはchefのインストール。安易にgemでインストールするとknifeが入ってない、とか不完全なまま放置される可能性があるので以下のようなgemコマンドで入れる方法はオススメしない。 $ gem install chefとするよりも ここからとった方がいい。 Chef Developm…

スタートアップの面接にスーツで登場とはいかがなものかね

英語圏の転職面接ではチームのほぼ全員と面談することが多い。だいたい7,8人ぐらい。つまり、もしその会社に採用された場合に一緒に働くことになる人達全員と話して「こいつと一緒に働けるか?」をお互いが見る訳です。会社としても変な輩を入社させてし…

英語とプログラミングを同時に勉強するなら「Practical Object-Oriented Design in Ruby」の一択

短時間で効果的に英語とプログラミングを同時に勉強したい、となったらその方法として「英語でプログラミングの本を読むこと」がある。ただこれで私は何度も失敗した。失敗の原因は「本選びが悪い」に尽きるが、その主な理由として3つある。 英語が難し過ぎ…

才能だけでは不十分ですって -「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」

時々読み返すとオタク的気付きがある本「ハッカーと画家」。 ザ・オタクのPaul Graham氏が「オタクってよー」という論調で書いた愛と自虐のエッセイ集。 今回読み直して「おっ」と思ったのが才能だけでは不十分で天才的な成果を得るには「もうひとつナニカ」…