ベルリンのITスタートアップで働くジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと流れ着いたソフトウェアエンジニアのブログ

Kindle Oasis(オアシス)はPaperwhiteの完成度の高さを際立たせるための捨て駒?

今、シンガポールのスタートアップに勤めていて、ここはとにかくKindle保有率が高い。エンジニアはひとりを除いて全員がKindleを持っている。ガジェット好きが集まるIT系の職場ではどこでもそうなのだろうが、こちらでも各国から集まったエンジニア同士で発表されたばかりのKindle Oasisは買いか?、という話になった。
f:id:tango_ruby:20160418201541j:plain:W300
言っておくがこちらは特にKindle ファンが多い職場でしかも新製品のガジェットが出たら多少のアラがあっても飛び付くアーリーアダプターだらけな職場だ。そんなエンジニア達と話しても「Kindle Oasisは買いだ」と言った奴は皆無だった。これはすごいことだと思う。ここまでモノ好きなエンジニア達に一切見向きもされないガジェットは初めてだ。
絶好調のアマゾン社にとって珍しく、Kindle Oasisは異様にイケてない新製品になりそうな予感がした。以下にエンジニア達が語った意見をまとめる。

値段が高いって!

どこでも言われていることだけど、値段が高い。アメリカで309ドル。日本円で37,980円。(どちらもキャンペーン情報無し)本読むだけの端末になんなんだよこの値段設定は、と。これだけ出すんだったらiPhone 買うわ、は誰もが言うこと。
その一方でなぜKindle Paperwhiteがこんなにエンジニア達のココロを鷲掴みにするのか。それはPaperwhiteの値段が1万円程度で、たったそれだけの出費でこの完成度の高い読書体験が得られることにあった。1万円だっらiPhoneと並行してKindleも持つわ、となる。
もちろんPaperwhiteにはカラー画面は無いし、読書に特化している分、ネットサーフィンは貧弱だ。それらは全て「たったの1万円で!」「iPhoneも持ってるし」「読書だけの端末」で全てが丸く収まっていた。

その満足度の根幹である「とってもお安い値段」が300ドル超えてしまっては全てが台無しになり、iPhoneに匹敵するような体験をアピールしてくれるのならアリかもしれないが、どこをどう見ても見つからない。

薄いって?

職場でOasisに関して議論した時の反応
「薄いらしいぜ」
「。。。」
「値段がな、、、、」

つまり薄いことに関して誰の興味も引いていない。一番薄い箇所が3.4mmか知らんが、それ300ドル出してでも欲しい人は居ない。Paperwhiteの軽さと薄さで十分なんですけど、と。しかも薄いというのは一番薄い箇所で、って話。

故スティーブ・ジョブズが薄いMacBookAirをプレゼンで発表する時、以下のスライドを使ってその薄さと軽量性を説明していた。緑がMacBookAir(当時)白が業界最薄と呼ばれていた競合他社製品。

ジョブズ「MacBookAirの最もブ厚い場所ですら、競合他社の最も薄い場所よりさらに薄いんですよ」
MacBook Air's thickest part is still thinner than the competition's thinnest part.

f:id:tango_ruby:20160418130630j:plainf:id:tango_ruby:20160418130636j:plain

このプレゼンに「ヒー!!欲っしぃいい!!」となったことをいまだに記憶している。

で、Kindle Oasisがこれ
f:id:tango_ruby:20160418130906j:plain:W400

え?
えぇ??
明らかに「そこ以外、太!」
ただ単に先を細くして薄い箇所を作っただけで、そこ以外は太いままじゃねーかよ!
製品がイケてないのも手伝って、さらにアピールの方法もイケてない。この「薄さアピール」がちっともグッっとこない。

そして電池も持つかしらんけど、現状のPaperwhiteで十分なんですけど、と。

結論 Kindle Paperwhite最強

まー結論としてOasisに関するスペック調べて、同僚と話すればするほどいかにKindle Paperwhiteが完成度が高い製品だったのかを改めて知ることになった。私にしても買ってから半年ほどになるが、すっと肌身離さず持ち読書量、英語を読む機械が格段に増えた。

  1. Paperwhiteで本読む
  2. 面白くて、ためになる
  3. またAmazon で本買う

の無限ループがくり返されて、よく言えばエコシステム、はっきり言えばアマゾンのカネ巻き上げシステムにしっかり乗っかってしまっている。これはヤバい。Paperwhiteが無かったら得られなかった知識が山ほどある。

こちらに書いたが、エンジニアもしくは英語を勉強する人にとってはかなりオススメの端末です。

tango-ruby.hatenablog.com

特にアマゾン社に恨みはないし、むしろ好きな会社だ。ぜひOasisの結果を踏まえて、いい製品を出していただきたい。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com