Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

履歴書は良かったのに書類選考で落ちてしまった人の原因はGitHubだった話

半年ほど前にエンジニアの募集をしていた時、履歴書の上ではまーまー立派な感じだった応募者がGitHubのおかげで書類選考漏れしたことがあった。

応募者からの履歴書とカバーレターが人事を通して各担当のエンジニアに転送されてきた。英語圏ではエンジニアの採用はエンジニアが行うのが基本。ここではその応募者をEさんとする。私がEさんの履歴書をザッと確認したところ、こちらが求めていた技術の経験もあったので、まずは面談に来ていただきたいな、と考えていた。

その採用担当になっていたエンジニアは私を含めて3人で、フランス人エンジニアのJとインド人エンジニアのGだった。その2人が私のデスクの近くに来てEさんについて聞いてきたので「まずは面談するべきだと思う」と言った。するとJとGは反対意見だった。「いやいや呼ぶ必要はない。Eさんは書類選考で落ちてるだろ」と。

その頃の私は人材採用でかなりの時間を取られていた。正直に言うと、どこかでまーまーな人でも手を打って人材募集を早く終わらせたかった。そんな思いから「ちょっと履歴書が気に食わないからってポンポン書類選考で落とすなよ」とJに言った。
するとJもGも人材採用に時間を取られてくないのはまったく同じ気持ち。だからこそ、このEさんは呼ばない方がいい。きっと面談しても時間を取られるだけできっと採用しないと思う、と言い出した。

Jが促すように「いいからオメーGitHub見てみ」と言ってきた。そのEさんのGitHubは事前に確認していたが、特にどこかのオープンソースにコミットしているわけでもなく、たいしたコードも無いので「マシなモン無いな」程度ですっ飛ばしていた。ところがJが指摘するようにじっくりGitHubを見ていくと、素人臭いコードがあちこちに散見される。JがEさんのGitHubを私に見せながら「ここはこういう書き方はするべきじゃねーだろ」という発言を連発した。せめてそのコードの更新履歴が3年前とかなら「数年前のあまり分かってなかった頃にやっちゃったことだし」と言い訳できたのだが、皮肉なことにここ1週間以内にプッシュしたコードだった。
最後にGが言った一言が決定的だった。「こういう履歴書がマシでGitHubがしょぼい人ってダメな匂いがするんだよな」

そうなのだ。履歴書にはいくらでもプログラミング言語やら技術が書き放題。でもGitHubには実際にその人が書いたコードが出ている。いくら履歴書を飾っても実際に書いたコードがショボい場合、どうも信用できないのだ。

ということでそのEさんは書類選考で漏れてしまったのだが、あの時にちょっと工夫するだけでEさんは書類選考では受かっていたはず。
その方法は3つ

  • その1

履歴書にGitHubのアカウントを書かない。
そもそもしょぼいコードしか無いんだったら書かない。見せない。

  • その2

カンタンにメールアドレスとかでGitHubアカウントが検索されないように工夫する。
隠すべきものはちゃんと隠した方がいい。

  • その3

GitHubにマシなコード書いて置いておく。またいくつかのオープンソースプロジェクトにプルリクエスト入れて、実績を作ってから応募する。


言うまでもなく、その3を行うのが一番確実。その3に到達するまではヘタにGitHubアカウントを見られないようにしておくべきだった。

それが例え転職対策であったとしても、本当に実力があればオープンソースへのコミットはすぐにでも可能なはず。採用する側もバリバリにコミットしておけよ!なんて誰も思っていない。ただ「それなりの規模のオープンソースでもコード読んでプルリクエスト出すぐらいのことはできますよ」という担保が欲しいだけなのだ。なので転職対策のためにGitHubに命をかける必要はない。その人の技術力に合わせて、それなりにあるだけでOkだと思う。

READMEの誤字修正とか、ショボめのプルリクエストではなく、デカいオープンソースに入れ込むコード書いてそれがマージされているエンジニアで実際に会った時に「うわ。この人、全然コード書けないんだ!(心の中の声)」という変なびっくりはまず無い。そういう人は絶対に「デキる人」なのだ。

ホントにすごいオープンソースのコミッターの方達というのは崇高な理念の元に無償でコードを提供されいるのだろう。ただ私も含めてその他大勢の「ちょこっとコミッター達」は転職でGitHubをマシに見せるためだけにやってるんじゃないだろうか。少なくとも私はそうだ。

星がたくさんついてる有名どころのオープンソースにプルリクエストした時なんて「これがマージされたらプロフィールが見栄えするなー」とだけ考えていて、『貢献』なんて頭の中にほどんど無い。それでいいんだと思う。


tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com