Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジャバ・ザ・ハットリの日記

日本→シンガポール→ベルリンへと家族と共に流れ着き、ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニアの日記

エンジニアとして優秀な奴が全部持っていって、後は残りカスすら無いという現状を直視する

あらかじめ言っておくと結論はなく、今までの考え方はちょっと間違っていたな、というだけの話。

エンジニアの世界にはやたら技術レベルの高い人が居て「こんな人にはかなわない」となることがある。そういう人と真っ向から勝負しても、負けるだけなので私なりにかつて考えたのは行動力でカバーしよう、と。

日本で働いていた頃、それはそれはエンジニアとしてすごいスキルの高い先輩達が居たのだが、彼らの弱点として感じたのは行動力がイマイチだな、と。天才であるがゆえにコミュニケーション能力が微妙だった。それと外に向かって行動することがあんまり見て取れなかった。近寄りがたい先輩だったし、そこまで知っていた訳ではないが、少なくとも海外のエンジニア達にもコネがあるようには見えなかった。

そこで私が考えたことはこうだ。
あんな先輩に技術力では追いつけない。でも私には英語力がある。海外にガンガン出まくって技術力の差を行動力でカバーしよう。そうすれば優秀な先輩と同じ土俵で戦うことなく、違った場所で活躍できるはずだ、と。

それでシンガポールにある日本人の居ないスタートアップで働き出した。最初の1年は確かに他の人とは違う感があって、なんとなく思惑通りになっていたように感じていた。が、しばらく経ってから「アレは間違ってたな」と悟った。

まず大前提として考えていた「優秀なエンジニアは行動力やコミュニケーション能力が足らん」という話。こんな根拠もデータも無い話を鵜呑みにしてる時点でダメ。

普通に考えれば、本当に優秀ならコミュニケーション能力も行動力もある。というか周りがそんな奴を放っておかない。

これはもうシンガポールに世界各国から集まる優秀なエンジニアを見ていてはっきりする。優秀な奴は英語が母国語ではなくてもネイティブ並によくできるし、持ち前の技術力を使って世界のいろんな都市を移住したり観てきてるし、そういう技術力の高い人はどこでもみんなが話したがるしコネも充実している。

技術力が優秀で人気者でジョークも達者なオモロい奴なら誰も放っておかない。

そういうデキスギ君みたいな連中と同じ土俵に立っているのがちょっとツラい。

私といえば英語は多少できるがネイティブ級じゃない。技術も多少できるが天才レベルではない。しょうもないアメリカン・ジョークなんて日本人のプライドにかけて絶対に言えない。というようなスペックだ。

ポジティブ教の偉い人は「他人と比較してはいけない!」「上を向け」「笑え!」「ポジティブだぁー!」とか言いそうだが、そういう科学的根拠の無い話ではちっとも腑に落ちない。だいたいポジテイブに考える際にでる脳内ドーパミンの量は遺伝として先天性で決まっている。

なんか話がズレた。

要は「幸か不幸かそういうやたら優秀なエンジニアと同じ土俵に立ってしまっている今の立ち位置から、どうにか生き延びるにはどうすればいいのか?」と戦略を考え中。

こうしてしょーもないブログ記事を書いている今現在でも世界各国から景気のいいシンガポールのスタートアップ目指してやたら優秀な奴が乗り込もうとしているのだろう。世の動きに合わせて自分の立ち位置も変えていかないと生きていけないのは分かっている。でも、どうやって?という疑問はいっこうに未解決のまま。

これは「努力」とか「もっと勉強せーよ」とかそういうレベルの問題とはちょっと違う気がする。
「目の前の仕事に集中してそこに全力投球!」ってのもいいけど、そういう近視眼的思考だけで全体が見えてなくて、知らん間に墓穴掘ってた、とかは避けたい。

冒頭に宣言した通り結論は無い。誰かすごい解決方法を知っていたら教えて欲しいぐらい。

とあえず今日もコード書くか。こういうヘタな戦略とか忘れて集中してコード書いてる時は楽しい。
 
 
tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com

tango-ruby.hatenablog.com